「ねえ、君の愛情は誰のもの?」


真剣な眼差しが私の心臓を突き刺す。


「俺は君にしか愛情を注げない。なのに、君は辺り構わずその純粋な愛情をふりまいている。俺にはそれが我慢ならないんだ」


真剣な思いが私の心を焦がす。


彼は人間らしさを欠けていた。

だから私が補強をする。


おおよそ、普通とは言えない関係。

それでも。


私と彼が互いに好きなのは変わらない。






ヤンデレ彼氏に監禁されて、クルキと彩芭の出会い物語。


この作品のキーワード
ヤンデレ  出会い  純愛  歪愛  番外編