「秘密をバラされたくないなら俺の奴隷になれ」


彼が私に言った

「いいよ」

その迫力に思わず出た言葉

ご主人様

柴多 ヨハン
シバタ ヨハン





奴隷

真賀原 菜楠 16
マガハラ ナナン




「おい奴隷、俺にキスしろ」

「【菜楠】です。ヨハン君」

「【ご主人様】と呼べ奴隷」

「ヨハン君」

「…せめて【ヨハン様】と呼べ」


「柴多ヨハンちゃま?」


「…お仕置きされたい?」