学生時代の仲間と当時の事を思い出すと切ないようなむず痒いような複雑な気持ちになりますが、それが伝わってきます。
当時といつまでも同じではいられない、けれどその変化を受け入れるのが中々難しい…。
読みながらどこか懐かしさを感じるストーリーでした。

ただ主役二人が微妙…。
この展開なら佐千ものぞむもどうせなら過去を振り切って進んで欲しかった。
それぞれの相手にした事も今ひとつ不誠実な気がするし、彼らだけ成長していないように感じてしまいました。
純一が戻ってきたのも少し唐突なような。
書籍版では加筆があるようなのでもう少し描かれていたりするんでしょうか。
機会があればベリカフェ版と読み比べてみたいです。

桐原英里 15/02/27 00:38

ずっと静かに読んでいました。泣くことも笑うこともなくずっと。なのにラスト7ページ、私はずっと涙が止まりませんでした。静かに静かに、引き込まれていたんですね。
とてもよかったです。ありがとうございました

にゃみ 13/05/14 20:39

あの頃の感動がよみがえる!

青春という言葉を恥ずかしがっていたあの頃の自分に読ませたい。
こんなにも素敵な仲間が自分にもできたかもしれないのに!

働き始めてから忘れてしまったあの頃の風景、空気、感動にもう一度再会してみませんか。
この小説はあの頃がむしゃらだった自分と、そんな自分と一緒に過ごしてくれた仲間たちに出会えます。
(八重洲ブックセンター 平井 真実さん)

空しか、見えないPR 13/04/22 17:46

いや~、いいですねっ><



こんなにも感動する、好きになる小説は久しぶりです!!!!


どんどん惹きこまれましたっ!!!!!


また読みたいです。

Miyu♪ 13/04/16 22:37

最近、空を見ましたか?
この本を読んでから空を見てください。
きっといつもと違った空が見えます…
女性なら必ず…
谷村さんの傑作ですね!
(すばる書店 小島美智子さん)

空しか、見えないPR 13/04/08 17:01

>>全て見る

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。

>>作品に戻る



 ※通報とは?