――青天目ビルヂング八階――
『翡翠社』



万年初版の少女小説家・櫻井萌

「私のことどう思ってるんですか?」

ずっと前から憧れてた――
担当編集者の彼に



敏腕編集者・穂積真一

「気になっていましたよ」

処女のくせに
こんな妄想をしてるんだと思うと

ゾクゾクしますね……って意味で



甘くて、意地悪で、そして時々優しい

彼は敏腕編集者



青天目ビルヂングシリーズ
第二弾



・゜★・。・。☆・゜・。・゜゜・。
・。*・.+・。*・.+・。*・.+

これは青天目ビルヂングに咲く
いくつかの恋物語の内のひとつ


らぶあま大人恋愛

・。*・.+・。*・.+・。*・.+
゜・。・。・゜☆・。・。★ ・。。・゜



20120203 start
20120314 end
20120319 ドタバタ続編②追加

20130125
TABOO企画にのっかったおまけ追加
→新しいBOOKに移動(20130514)


おかげさまで7月10日ベリーズ文庫より
「彼女志願!」が発売されます。

なおサイト規定により
6月10日に41Pまでの限定公開に
切り替わりました。

今までたくさんの方に読んでいただけたこと
感謝申し上げます。

本当にありがとうございました。




好評発売中

あらすじを見る
売れない少女小説家の萌は、4年越しの片思いの相手で担当編集者の穂積に「彼女にしてください!」と告白する。OKの返事をもらい舞い上がった萌。いざつきあいはじめると、穂積のドS&溺愛ぶりに驚きながらもさらにメロメロに。順調なふたりだったが、少女小説界の大御所、白鳥先生と穂積の関係を疑ってしまい…。
この作品のキーワード
大人恋愛  溺愛  意地悪  甘々  胸キュン  ラブコメ  青天目ビル 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。

ベリーズ文庫

彼女志願!
彼女志願!
amazonで買う
楽天で買う