のゆたんさま

文庫、読んでくださってありがとうございました!
お楽しみいただけて良かったです(*^^*)
私も愛華ちゃんが大好きで、この子をどう活かそうか、ああでもないこうでもないと悩んだ結果がこの活躍ぶりです。
ヘタレ代表の丸山選手は、作者の意に反してモテモテですね。
(私はダントツで青木派なんですが)
私も彼に対する母性が発揮されたからこそ、この話を書き上げられたのかもしれません。笑

坂井 志緒 13/06/07 15:51

気になりすぎて文庫本購入し一気に読みきっちゃいました!
それ程お話のテンポが良く内容もグダグダしてなくて読み進めても飽きることがなかったです。
ただの脇役にもしっかりとした設定があり愛華ちゃん、大好きになりました。
俺様でクールなイケメンだと信じてた丸山くんには気持ち悪さすら感じるくらい裏切られ(とてもいい意味で)キュンとする中にも笑いが生まれるストーリー、アラサーなら誰もが一度は持つであろう母性愛みたいなものをヘタレ丸山くんに感じました。

とても好きです。
素敵なお話ありがとうございました。

のゆたん 13/06/07 15:01

みとさきさま

文庫の購入ありがとうございます!
楽しんでいただけてよかったです。
私にとってはヘタレの代名詞である丸山くん。
頑張りが皆様の胸に届いてよかった(*^^*)
どうぞ、何度でも読んでやってください。

坂井 志緒 13/05/01 03:11

文庫、購入しましたよ!!一気に読み上げました!
丸山くん、良いです(>_<)寡黙な中に強く熱い気持ちをずっと持ち続けてる、そんな彼が大好きです。明後日からの連休中にもう一度最初から読み返します!!

みとさき 13/05/01 02:34

マヒルさま

マヒルさん、こんにちは!
書籍購入に重ねて、コメントありがとうございます。

私の中では完全にヘタレ設定の丸山くんを、どうカッコ良く見せるか。
そして私と正反対な理沙の心情を、どう表現するか。
この二つが大きくのしかかっていたのですが、
目標達成できているようで嬉しいです。

お話の最後に丸山くんの新たな「理沙口説き計画」が始まったわけですが、
その後の二人はどうなったんでしょう。
作者としてはぼんやり思い描いているところではありますが、
まだ作品にできるほどではないので、
落ち着いたらじっくり考えてみたいと思います。

今はとりあえず、マヒルさんのレビューを噛み締めてウハウハしておきますね♪

坂井 志緒 13/04/12 14:32

>>全て見る

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。

>>作品に戻る



 ※通報とは?