……ネガイ……

たった一つ
一つでいいから


もう一度彼と同じ時をすごしたい