この物語は、一言劇場的な
ストーリーとなっています。


オムニバス的方式で
物語は進んでいきます。


登場人物達には名前はありません。


どういうシチュエーションかは
読者様のご想像にお任せいたします。


さぁ~作者の妄想一言劇場を
お楽しみくださいませ。