私の恋の体験談。
高校は、離れてしまったけれども今も好きな君への思いをつづりました。

どうか、読んでいただけると嬉しいです。