13日の金曜日の夜。
君と出会ったあの日。

私が悲しみに暮れていたあの日。

君は泣いてる私をそっと抱きしめてくれた。

そんな君はvampireだった…
でも私には関係ない。




どんな君も好きだから。