樹海の中にある全寮制の学園、凭化(ひょうか)学園。

ここには、身よりのない子供達が集められ、様々な教育を受け、自分の価値を見いだしていくらしい。

[ 七瀬 鮎兎(ななせ あゆと)] も、施設からの指示でこの学園に預けられることになった1人。


しかし。


入学早々から、この狂った学園の実情を、思い知らされることになる。


1日に、クラスメイトが最低1人以上消えていく、悪夢の学園。

それがこの、凭化学園の、真の姿だった……。



■凭化学園校則


1. 入学と同時に、当学園からの退学、及び脱走は認められません。

2. 1日に行う授業は一科目+HR(ホームルーム)1回とします。

3. 授業は、例外を除いて常にチームプレイで競うこととし、チームメンバーは、入学時のくじ引きにより決定します。

4. 授業で敗北したチームは、犠牲者を1人、多数決で決めてください。その人物を当学園が、責任を持って処分します。

5. HRでは、クラスにとって不要な人物、又は、当学園側が紛れ込ませた、妨害役(ジャマー)を多数決により指名してください。選出者は、当学園が責任を持って処分します。

6. 妨害役がクラスから消え次第、又は10日目のHRが終わり次第、生き残った者は全員当学園から卒業とします。

7. 給食は、大切な栄養源であり資源であり生命です。残さず食べましょう。



───────────────


□お察しのとおり、これはホラー+ミステリー小説です。

その手のものが苦手な方は、閲覧をご遠慮ください。

しかし、世に多い理不尽系の作品とは一風趣が異なり、生徒達が理不尽な仕打ちを受けざるを得ない、重大な理由が隠されています。

ご意見やご感想など、どしどし募集しております☆

この作品のキーワード
学園  校則  俺様  服従  犯人  先生