寒空の下、背中に望遠鏡を担ぎ、緩やかな坂道を自転車で駆け上がると、そこには不思議な世界が待っていました。

目次