昔々、
華やかな着物を着て、
髪を結い、
綺麗なかんざしや紅に彩られて
数多の殿方の相手をしていた遊女達がいた。

その中の一人、遊女の中でも一番下の位、「新造」に位置する少女、「鈴」は幸せとは言えないながらも穏やかな日々を送っていた。

あの日までは……




この作品のキーワード
新撰組  花魁  創作