「私は、そなたとの恋に「恋」をしたのだ。」

妖と人間。叶わぬ恋の狭間に見える現実。



「所詮、化物だな。私は。」




切なすぎるストーリーにあなたは、
耐えることができますか?




「妖は、人を愛してはいけぬのだな。」







――――――狂幻ノ夜――――――



この作品のキーワード
戦国時代    感動  泣ける  叶わぬ恋  別れ  三角関係    女の戦い