このお話はクラス1頭が良い中学2年中村晴子が、夜遅く暗い公園で泣いていてそこを通りかかった純化高校3年丸山圭人が話しかけ、その日晴子は圭人の家に泊まり彼女彼氏の関係になり付き合い始めた。