高校こそは!
と思い受けた学校にまさかあいつまで。




でも中学の時みたいになるもんか!




「高宮やれよ。」




「お断りします。」




「へー、断るんだ。」




「ちょ、それ以上近寄るなー!!」




悪魔から目を付けられるとなかなか逃げられない........。




...........誰か……




ヘルプミィィィイイイ!!




*このお話しは『悪魔の彼に目を付けかれた私 中学篇』の続きとなります。




【start→04/09】



このお話しはフィクションです。

この作品のキーワード
下僕  バスケ  マネージャー    高校生 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。