辛くても



死にたくなった時も





居なくなってしまいたかった日も




悲しいとき、泣いた日







そんな日々を越えられたのは





いつかの、「貴方」に










出会うため。