あたしと、相棒との出会い。
それはきっと奇跡だと思う。

目次