―――そこに、感情はなかった。




ただ、蝉の鳴き声が煩くて。

ただ、ただ、無言で見つめ合って。


ただ、ただ、ただ、唇を重ねた。




夏の過ちと、気付いてしまった感情。



...fin.→Aug.30th

この作品のキーワード
  かくれんぼ  同窓会  過去  記憶  大学生  切ない  夏休み 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。