八乙女 雫
(やおとめ しずく)

夜桜 碧透
(よざくら あおと)


ねぇ、君は覚えてる?


幼いながらにした約束を…



『絶対に雫ちゃんをを迎えに行く。それまで待っててね』


『うん。ずっとずっと待ってるから』


『それじゃ、バイバイ』


私はあのときから君が迎えに来るのをずっとずっと待ってる。


早く来てよ…


早く抱き締めてよ…




2013/8/6~


この作品のキーワード
幼い  溺愛  青春