―それは江戸時代の頃の話である。

生きることさえ許してもらえない花魁がいたそうだ。

ある男と出会うまで人が彼女を目に入れることがなかった。

女が生まれた理由。

生きてはならなかった理由。

そして…

男を愛してしまった理由。

華は儚し。

清く美しい女の末路を物語として残そうか。


“恋をしていけない一人の花魁の純愛物語”

この作品のキーワード
恋愛  切ない  禁断  純愛  花魁  純文学  運命  歴史  駆け落ち  身分差 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。