編集部からのお知らせ

「ソフレ」祠/著  感想ノート

感想をいただけたら、嬉しいです。

  • 葉月りゅう さん♪

     こちらの方まで読んでいただき、嬉しいです(^◇^)

     そうなんです~

     この作品では、二種類の人間と二種類の『壁ドン』っていうヤツが、実は自分の中の肝の一つでして。

     やつぱり、具体的に言われると、本当に嬉しいです(*^_^*)

     私設でもオフィシャルでも、こういった企画モノ、僕もとっても大好きです♪

     りゅうさんの存在を初めて知ったのもヤコちゃんの企画だったし。

     素敵な作家さんの発掘に企画モノは欠かせません♪

     コメント貰えると、元気出るし、ね(^_-)-☆

     今回も、ありがとうございました♪

       2014/11/27 17:19

  • 宇佐木さん(^O^)/

     こちらにもコメントをありがとうございます♪

     も~~短編って色々詰め込み過ぎだって言うことは自覚してるんですが、それがちゃんと表現できてるのか、どうかって言うところは、いつもドキドキでございます。

     長編では、キャラが勝手にやってくれるので、それをにこにこ描写してれば良いんですが、短編では、どうしても遊びを削らなくてはならず。『面白い』所をドコに持って行こうか、悩むのです。

     特に、今回は、先にも後にも動けない二人の立ち位置をくみ取っていただき、とっても嬉しいです。

     ソコ、この物語にある三つの肝の一つだったので、特に♪

     今回も、本当にありがとうございました♪

       2014/11/27 17:07

  • 祠さん、こんにちは♪
    いやぁこちらの作品、シリアスな設定なのに心が温かくなって、色々な気持ちにさせてもらいました。

    ソフレってすごく優しい関係だと思えるんですけど、やっぱり男女はそれだけでは満足出来ないものだろうな、と。
    それでも幸花を大切にし続ける透くんにキュンとしました(*´ω`pq゛

    恐怖と愛しさを感じる、対照的な二つの壁ドンもお見事です!

    色々な作家様の作品に触れて、そのたび読んでよかったと思うのですが、こちらもまた逸品でした!
    素敵な作品をありがとうございました☆(*^-^*)

    葉月りゅう   2014/11/27 13:04

  • おはようございます☆

    実は、こちらの作品を先に拝読させてもらっていたのですが、書き込みが遅くなりまして(^_^;)

    短編とは思えないほどの濃ゆい作品。
    私なら、この設定を扱いきれなくて5000文字じゃ収まりきれなさそうです(>_<)
    それをうまく書かれていることにまずはびっくり!

    そして肝心な内容も、とっても切なくもどかしいものが感じられて悶えましたー^^;
    ソフレという言葉も初めて知ったのですが、それゆえそこから先にも後にも動けない二人の立ち位置。その関係を壊したくないゆえ、自信がないゆえ…と、感じてました。

    でも、彼が勇気出して壊してくれましたね(^^)

    素敵な作品でした!

    宇佐木   2014/11/27 06:50

  • ゆゆ。さん

    こちらの方こそ、暖かいお言葉をありがとうございました\(^ー^)/

    自分で書いててなんですが、実際『ソフレ』状態になった時、永遠にこの状態でいることは無理なんじゃないかなぁと、思ったことが根底にありました。

    ふふふ。

    ま、透君、元気だし。

    これから二人、大変そうですが、穏やかな未来が広がることを僕も祈ってます♪

       2014/11/26 05:57

>>全て見る