編集部からのお知らせ

「ラヴミイ―異世界ゲームのキミに、愛を―」氷月あや/著  感想ノート

お気軽にどうぞ(*^^*)
幕末の歴史は勉強中です。
間違いなどがあれば、お教えください。

  • ♡shion♡さま

    こんばんは、お久しぶりです。
    そして、お読みいただき、ありがとうございます♪

    幕末史はいろんな要素があって難しくて、私自身、勉強しつつ書きました(^-^;
    「わかりやすく!」を心がけていたので、楽しんでいただける文章になっていたなら、頭をひねった甲斐がありました。

    壮悟は、ずいぶん暴れてくれましたね(笑)
    いっそ爽快でした。

    麗の視点からも、モテモテ朝綺を書いてみたいな、と。
    界人の日常も書いてみたいな、と。
    いろいろアイディアはあって、あとは時間が確保でき次第、麗/斎藤ルートもやりたいです。
    2月には取り掛かれたらいいな……。


    長い話を深夜までお読みくださり、嬉しいご感想をいただき、本当にありがとうございました!
    shionさんも、雪や寒さに気を付けて、風邪などひかないようにお過ごしください(*^^*)

    氷月あや   2016/01/26 01:20

  • お久しぶりです><
    執筆中から本棚に入れていたはずなのに、すっかり遅くなってしまいました((汗

    昨夜、読み始めて寝るどころじゃなく深夜まで読みふけってしまいました((笑
    迫真迫るストーリーがリアルとゲームをうまくつなげてあって引き込まれました。

    歴史や医療のこと、難しい内容なはずなのに違和感なく分かりやすく書かれていて、またそれが一方的な押し付けがましいものでは決してなくて…
    本当に楽しませて頂きました^ ^

    やっぱり、朝綺はモテるんですね((笑
    麗がヤキモチ妬かないか勝手にヒヤヒヤしてました。
    壮悟、やってくれましたね((笑
    朝綺の方が怒るという…
    でも、やっぱりお人好しで優しくてかっこいいです。

    今度はシャリン達の斎藤ルートも気になります((笑
    兄妹の会話も見たいですね(界人ファンとしては…笑)

    素敵なお話、ありがとうございました!
    身体壊さないように頑張って下さいね(*´ω`*)

    ♡shion♡   2016/01/25 07:33

  • 和泉りんさま

    温かいレビューとご感想、ありがとうございます!
    お忙しい中、こんな長い話を読んでいただけて、本当に感謝です(*^^*)


    泣かせてしまいましたか(^-^;
    すみません。。。

    山南敬助バトル後のセリフは、勝手にしゃべってくれた感じでした。
    私は資料取集もプロット設定もがちがちにやっていくほうなのに、たまに、自分でも予想外のことをしゃべる人がいたりして驚かされます。

    沖田ブチ切れから千駄ヶ谷の屋敷で風鈴が鳴るまでの展開は、リアルの優歌の描写も含めて、怒涛の勢いで書きました。
    普通、野いちごでの新撰組ものは救済的なストーリーになっているのに、史実よりもひどい扱いをするのは異端ですね(苦笑)

    このエピローグが書きたくて、斎藤をゲームのガイド役に起用したんです。
    おじいさんになった斎藤一(というか藤田五郎)も珍しいはずで、『八重の桜』で見かけたくらいかもしれません。


    歴史小説は難しいけど、やっぱりものすごく手ごたえがあって、書いてて楽しかったです。
    歴史畑の出身だな、と改めて自覚しました。

    フランス革命の小説、読んでみたいです(*^^*)
    私は高校時代、イギリスの市民革命時代を舞台にした何かを書きたいと思ってたんですけど、西洋史には疎いまま今に至っています(汗)


    壮悟、さんざん暴れてくれました。
    病気の不安もあるし、自分の原稿が今まさに審査中だという不安もあるし。
    落ち着いていられない姿が正直なところだろう、と。

    その後の経過については、現在調査中です。
    比喩表現じゃなくて(^-^;
    人工細胞を使った白血病治療の最先端のあたりをきちんと調べないことには、この後の展開は書けないので。
    医学系の資料は、ほんとに読みづらいです……。


    ごたごた詰め込みまくりの、SFだか歴史小説だか病気ものだか分からないモノを最後までお読みいただき、本当にありがとうございました♪
    今度また和泉さんのところにお邪魔します。

    氷月あや   2015/09/22 08:10

  • ものすっごく遅ればせながら、完結おめでとうございます(*^▽^*)

    リアル多忙につき時間がかかってしまいましたが、やっと読み終えることができました〜

    めっちゃ泣きました。
    山南さんの、「帰りたかったなぁ……」でまずボロ泣きして、沖田さんがラスボスだってわかってバトル中ひたすらボロ泣きして、沖田さんが死んだときもボロ泣きして、斉藤さんのエピローグでもボロ泣きしました。ぴえぇぇえ。゚(゚´Д`゚)゚。

    斉藤さんが最後の最後で、仲間が待ってくれていて、生きていてよかったって思えて、幸せそうで、ほんとによかったです。

    最初の壮悟くんは不安に押しつぶされそうで、めちゃくちゃギザギザハートで、どうなるんだろうと心配でしたが、
    だんだん素直になってきて前向きになって、可愛いやつめ!!とニヤニヤしておりました(*^^*)
    優歌と壮悟くんのその後が気になります(*´∀`*)

    設定等が細くてしっかりしていて、本当によく調べて書いていらっしゃるんだな、と。脱帽です。
    私もフランス革命期の歴史小説とか書きたいなと思って勉強中なんですが、歴史、難しいです(^_^;)

    余談ですが、
    わたしも沖田のイメージはるろ剣が染み付いていて、
    だからピアズの沖田さんがすごくしっくりきました(*^^*)
    やっぱ沖田さんは「僕」ですよね!笑

    とても感動しました!
    素敵なお話をありがとうございました(ノ ̄▽ ̄)ノ

    和泉りん   2015/09/21 14:26

  • まひる◎さま

    最後までお付き合いいただき、ありがとうございました!
    幕末や新撰組、まひる◎さんにとっては馴染みの薄い世界観だったと思いますが、氷月バージョンの沖田を気に入っていただけて嬉しいです。

    沖田総司は、現存する資料からうかがえる姿があまりにもボンヤリとしています。
    実際にはどんな人物だったのか、想像するしかないんですが、私がここに描いた沖田総司像が史実の彼の思い・生きざまに少しでも通じていればいいな、と思います。
    斎藤一も、お疲れさまな人生(各方面のスパイは事実)だったぶん、穏やかな最期であってほしいな、との願いを込めて。

    会ってインタビューしてみたいですねー(^-^;
    何を信じて生きていれば、人を斬りながらも、ぶれずに進んでいけるのか。
    現代の常識を手放して彼らの考えに近付くことが、歴史小説を書く難しさと楽しさです。

    早く「歴史小説家」の一員になれるよう、いま頑張っております(汗)
    もちろん、野いちごのほうでも公開したいものが、頭の中にいくつもあって。
    幅広く、というより、○○小説というジャンルを区切らず、いろいろやっていきたいです(*^^*)

    白血病の方、お知り合いにいらっしゃるんですね。
    治療法が存在するとはいっても、年齢によっては寛解(=治ったと見なされること)の確率も持続年数もバラバラだそうですね。
    再発なさらないことをお祈りします。


    詰め込みすぎテイストのログインシリーズを追っていただき、本当にありがとうございます!
    感想ノートにコメントくださったことも、とても嬉しかったです。


    まひる◎さんの『Blue Sky』、更新を追い掛けています。
    文化祭へ向けてのストーリー展開、楽しみです(*^^*)

    氷月あや   2015/08/24 00:25

>>全て見る