編集部からのお知らせ

「ドルチェ セグレート」宇佐木/著  感想ノート

ちょっと大人(?)の作風目指して頑張ってましたが、ちょっとズレてきたかも……(´・ω・`)でも、頑張ってます('ω')/

  • 感動しました。
    ほんとにあのバイトちゃんには翻弄されて気持ちをグラグラさせられました。でもそれも二人の愛のスパイスになって、読んでいる方もぐっとテンションが持ち上がったかんじがして、いい存在でした。
    若い頃パティシエを志したこともあり、ケーキも大好きで食べ歩きもしたので、感情移入しやすくて読みごたえがありました。
    最後に仕上がったケーキはどんなだったんだろうなー、ツヤツヤの宝石のようなケーキが賞をとれていますように

    しま-co   2020/09/06 21:02

    しま-co様

    こんにちは。
    結構前の作品にまで…。恥ずかしいけれど、うれしいです。
    パティシエってキラキラしているけれど、実際は過酷な世界のようですよね。
    ひとつひとつ、ケーキを想像しながら書いていったのを覚えています(^-^)
    こちらも、お読みくださり本当にありがとうございました。

    作者からの返信 2020/09/07 11:15

  • つきひとさん

    お礼が遅くなりました。
    更新し始めたときから最後まで、丁寧な感想をくださって本当にありがとうございました(;_;)
    レビューも早々頂けて、もうもう、言葉がありません。

    慎吾は、几帳面、真面目、そして繊細という男を意識して書いてましたが……そんな男、嫌われそうだ。笑
    真面目すぎるがゆえの……ですね^^;
    でも、責任感っていうのは確かにそうで、オーナーである慎吾は、なにごとも慎重にいくタイプなんですが。
    それなのに、明日香に対しては慎重にいくことを忘れたり、変なとこで慎重になったり( ̄▽ ̄;)

    と、まぁ、そんな感じでラストまでたどり着きました。
    チョコ細工、私も目の前にあったら食べたいって欲求忘れて、ずーっと眺めてるかもです。笑

    近い未来、指輪ももらって、ふたりでフランスでスイーツめぐりでもしてるかと思います(・∀・)

    長くなりました。
    この度は、拙作にお付き合いいただきまして、ありがとうございました!

    宇佐木   2016/04/05 21:15

  • 改めてまして、完結おめでとうございます(’-’*)♪
    目標完結と謙虚に言いながらも、でもいい作品書けましたね。執筆コンディション最悪の時ながらの作品だとは、とても思えません。さすが宇佐木さん(^-^;

    神宮司君、穏やかに優しく語る口調から、個人的に斎藤工君と重ねてました(笑)

    明日香から気持ちをほのめかされてからその後、彼が思うように気持ちを伝えられなかった訳、読み進めながら少しづつ露になってくる度に、彼が携えてる責任感が浮き彫りになってきますね。
    なんというか、今の自分じゃ気持ちに答えられる資格が無いと、つい考えてしまう思考。気持ちはよく分かるけど、でもそれですれ違って駄目になる事はリアルでもよく聞くような……なので危なかった(^-^;

    あと、話の締め括りの所で、指輪を型どったスイーツを明日香に紹介する場面で『いつか本物の……』の所がちょっとニクくて良かったです。
    心の籠った贈り物……という価値感で優越つけるなら、もしかすると本物の指輪よりこちらのスイーツの方が上だったりして……なんて思わされましたが(笑)

    読後感も凄く良かったです。素敵なお話をありがとうございました(*´∀`)

    かわせつきひと   2016/04/04 12:42

  • つきひと様

    こんにちは!
    マメにお越し下さってありがとうございます!うれしいです!本当に!

    諏訪はねぇ^^;
    近くにいすぎると、告白のタイミングとか、そもそも自分の気持ちとかはっきりさせるのに時間かかりそうな気がします。
    確かに、相性的には悪くなさそうなふたりですが、友達のような関係にみえそうな付き合いになりそうですね。笑
    なかなか甘い空気にならない(ために、諏訪が悩むという図w)とか。

    この最後のほうって、いろいろと消化させたい中身が作者的にはたくさんで、でもそればっかり並べるとなんだかつまらないのかな?とか思ったりして……でも、消化不良はやだー!と七転八倒しながらやってます^^;

    あともう少し!
    きっと、もう少し!←自分へのエール。笑

    ありがとうございます^^*

    宇佐木   2016/03/31 16:04


  • こんにちは。

    なんか急かすような事をいってすいません(^-^;
    でも、ここは丁寧に表現しないといけない場面なので、さすがの宇佐木さんでも躊躇するのは分かるような気がする。

    でも諏訪君、上手く面子を保ちつつこの場から逃れられた。去り行く側の男性がピエロに陥らない為には、好きになった女性の今後の幸福を願う事だけです。きっとそれが、今の諏訪君に出来るギリギリの譲歩。

    かなり良い男の印象なので、告白がもう少し早ければ、明日香ちゃんに想いが届いた感があります。よく頑張ったね~(TT)←何故かこちらに共感(笑)

    さて、さ~てさてさて!←勝手にテンション上がり気味(笑)

    そして野暮な事は言わずに楽しみに展開を見守ります。

    また現れま~す☆

    かわせつきひと   2016/03/30 12:35

>>全て見る