編集部からのお知らせ

「【いつきの小説講座】巻ノ弐」和宮 樹/著  感想ノート

え~……ネタの提供をお願いします(笑)

  • >さk*uらさん

    初めまして。この度はご質問ありがとうございます(^-^)

    ではさっそくお返事を。

    章や節の場合は『トピックス』を意識するのが良いかと。

    『トピックス』、つまりその章ないし節でどんなことが起こるか、ですね。
    それをわかりやすく一言で表すイメージです。

    例えばニュースで『○○動物園で一日園長さん』といった感じのタイトルをつけますよね。

    もちろん“あからさまに内容がわかる”ものは避けつつ、けれどその章ないし節を説明しているもの。
    これが理想ではないかと思っています。
    いくつか例を挙げてみます。


    例1)
    ◇『すれ違う想い』
    ・どのようにすれ違うのか、どちらの行動のせいですれ違うのかまではわからないけれど、それが起こってしまうというタイトル


    例2)
    ◇『極光の墓標』
    ・場所やそこで起きる現象の説明。


    例3)
    ◇『裸足の男』
    ・そこで登場する人物を表す言葉。他にも名前そのままを書いたりする場合も。


    これらは一例に過ぎませんが、どれもその章や節をその一文で表すようなものになっています。
    大きくみれば作品タイトルの付け方とそんなには変わりませんね。
    他には単純に数字を振るという方法も、当然有りだと思います。

    参考になれば、幸いです(´∀`)

    和宮 樹   2013/01/06 04:10

  • >ゆゆ。さん

    お返事が遅くなって申し訳ありません。

    この度はご来訪いただきありがとうございます(^-^)

    このような本を書いてはいるものの、私自身まだまだ未熟な部分が多くて、日々勉強を重ねております。

    なので一緒に成長していきましょう~。

    なんにつけても私の場合はまず執筆速度をどうにかしなきゃなんですけどね;

    こほん。

    改めて、コメントありがとうございました。

    またいつでも気軽に遊びにきて下さいませ~。

    和宮 樹   2012/01/20 04:48

  • >羽咲さん

    順調に更新されてるみたいですね~。

    うらやま――あぁいやいや(笑)

    実はゆっくりとですが追いかけてますよ~。

    色々と読まなきゃな作品が多いので本当にゆっくりと(苦笑)

    和宮 樹   2010/12/21 17:54

  • >羽咲さん

    お返事が遅くなってしまい申し訳ありません;

    作品、更新の具合はいかがですか?

    また何かありましたら遠慮なくお声をかけて下さいませ。

    お答え出来る範囲でお話しさせていただきますので(^-^)

    さて、私も色々と頑張らないと……

    和宮 樹   2010/12/16 14:27

  • >羽咲さん

    なるほど~。

    そういったご意見があるということは物語の転換期における“選択”の部分で、その役割に主人公が絡んでないということでしょうか。

    となると羽咲さんの作品の場合『巻き込まれ型』が多いのかもしれませんねぇ。

    となると、プロットを作る際に『主人公がこうしたからこうなる』という部分は作られてますか?

    全部が全部そうである必要はありませんが必ずポイントポイントでそういう部分を作らないと主人公の存在が希薄になってしまいます。

    それらは必ずしも“正解”ばかりである必要性はありません。

    主人公の“間違い”によって物語が動くこともあるはずです。

    そこを考えていくときっと主人公の存在感が増していくと思いますよ~。

    和宮 樹   2010/12/10 10:54

>>全て見る