「スカーレット」坂井志緒/著  感想ノート

  • 夢幻キリコさま

    いつも読んでいただいてありがとうございます。
    この話を書いたのはもう何年も前でしたが、
    「スカーレット」というタイトルの由来はしっかり覚えておりましたので、
    回答をしておきたいとおもいます。

    正直に申しますと「風と共に去りぬ」は、
    タイトルは存じていましすが拝見したことはありませんし話の概要も知りません。
    緋色という意味ですが、ご承知の通り本編に緋色という表現も出ません。

    では、なぜスカーレットなのか。
    是非一度、英和の辞典を引いてみてください。
    scarletには、「罪深い」及び「淫らな」という裏の意味があるのです。
    罪深い主人公ですが、タイトルで堂々と
    「うちの主人公、男関係でやらかしちゃってるんですわ」
    とアピールすることはできないので、
    このような含みを持たせたというわけです。

    いかがでしょうか(^^)

    坂井志緒   2013/07/30 00:38

  • 読了致しました。

    記憶喪失から始まるこのミステリ。
    自分の記憶を探していくという謎めいたストーリーが魅力的ですね。
    登場人物が満遍なく関わっているということに、まず感心しました。
    偉そうにすみません(^_^;)
    言い換えれば、とても勉強になりました。
    謎の明かし方が自然で、すんなりと受け入れることができました。
    こういうお話って、かなり無理がある場合が多いんですよね(^_^;)
    それが自然に説得力を持って謎解きができるってすばらしいです。

    一番の謎はタイトルでした。
    「スカーレット」ってどうしても「風と共に去りぬ」のスカーレット・オハラを思い浮かべてしまうんですが、彼女は近親相姦はしますが記憶喪失にはなりませんよね?
    だからタイトルにするほどの共通点はないかなって。
    後は色の名前かなぁ。
    緋色ですよね? スカーレットって。
    緋色ってなんか重要だったかなぁ?
    そこだけがわかりませんでした。

    とにかく、素敵なお話をありがとうございました^^

    夢幻キリコ   2013/07/28 08:28

  • りさこまさま

    こちらも読んでくださったんですね(^^)
    ありがとうございます!
    これを書いたのはもう何年か前だったと思いますが、
    見つけてくださって嬉しいです。
    主人公にはたくさん辛い思いをさせてしまったので、
    これからは幸せに暮らして欲しいと私も思っています。

    坂井志緒   2013/02/03 01:45

  • 今回も坂井様の凄まじい文才に涙、涙、です。ラストのあまりにも切なく哀しい事実に胸が悲鳴を上げてやみませんでした(;_;)紀子と、その相手が穏やかにこれからを生きていくことを願うばかりです。坂井様の作品から頂ける素敵な教えを大切にしていきます。ありがとうございました(*^^*)

    りさこま   2013/02/02 22:59

  • 田山 麻雪深さま

    初めまして、坂井志緒です。
    楽しんでいただけて嬉しいです(*^^*)
    書いた甲斐がありました!
    ありがとうございました(^-^)/

    坂井志緒   2012/06/07 03:39

>>全て見る