「星の見えない夜」加川アサギ/著  感想ノート

見なければ見えないものがある。からっぽになると見えてくるものがある。たぶんね。

  • 卯月心様

    いらっしゃいませ~。
    ぜひどうぞ、遠慮なさらずに……あぁ、味の保障はできませんが(笑)。

    寒さと温もりが伝わったようで幸いです。
    なにしろ私は、本州でありながら年中雪が降らないという温かい地域に住んでおりますので。
    ちゃんと寒くなっているのやら不安だったのです。

    おいしいお話を書けるよう、頑張ります。
    ありがとうございました!

    加川アサギ   2012/02/19 15:06

  • 出たがりの私は、またまたここへも出没です。す、すいません(汗)。

    いやぁ~、非常にほっこりしました。寒い空の下の物語なのに、とても温もりを感じました。

    お見事ですm(__)m


    卯月心   2012/02/19 01:46

  • みうらかのこ様

    こんばんは。
    先日はぶしつけな感想を失礼いたしましたm(__)m

    心が晴れたとは、嬉しいかぎりです。
    まだまだ至らない作品ばかりですが頑張りますっ。

    星空の描写……なるほど!
    さっそく修正してみます。

    みうら様の作品が完結したら、レビューを書きに参りますね。
    ありがとうございました。

    加川アサギ   2012/02/07 20:19

  • 初めまして。先日は感想を下さりありがとございました。
    早速私もお邪魔します。

    読み終わった後に、じんわりと心が晴れました(^^)「あるから見えるんじゃない。
    見るから見えるんだよ」
    という彼女の言葉がとても印象的でした。

    澄んだ星空の風景描写をもう少し足すと、さらに彼の心のほぐれ具合が伝わるのではないかと思いましたが、
    とても抒情的な作品だと思います。

    素敵なお話、ありがとうございました。
    また他の作品も読みにお邪魔します。




    みうらけんた   2012/02/07 10:59