編集部からのお知らせ

「纏足(てんそく)とコルセットとマネキン」加川アサギ/著  感想ノート

普通が一番と言うけれど、普通って難しいと思う。

  • 祠様

    あわわ、覚えていて下さったとは恐縮です。
    ありがとうございます。


    現代の美人は「左右対称で、目鼻立ちや大きさが平均値」ですか……。

    平均から外れる人って必ずいますから、平均という名の美人を目指して、女性は毎日化粧を続けるのかもしれませんね。

    今回も素敵な考察をありがとうございました。
    とても嬉しかったです♪

    加川アサギ   2013/01/30 21:49

  • うぇ。

    この『彼』キライ~☆

    あ、物語は、とても面白いけどね☆

    どうも、お久しぶりです『てんそく』なんて言葉、まさか野いちご出て合うとは思わず。

    読んでみたら、なるほど。

    アナタでしたか(^_-)-☆

    こういうヤツ、本当にたまにいる~☆

    ん、で言ってるヤツどんなにイケメンかな?

    とか思うと、大抵勘違いしたブサメンで、自分の理想の女には力一杯振られたりしてますな(苦笑)

     美人の基準の顔は、左右対称で、目鼻立ちや大きさが平均値、なのが『現代の美人』らしいので、やっぱりこれも『普通』の顔なんでしょうね。

     今回も興味深い物語が読めて良かったです。

     また、お邪魔します。

       2013/01/30 16:34

  • 小林洋右様


    ご感想ありがとうございます!

    纏足は……象徴的だと思ったので入れてみたのですが、言われてみると……きわどかったかもしれませんね。


    ところで、『美人は人外』、興味深いお言葉ですね。
    小林様の女性観が気になります。

    というわけで『向かう女』、読ませて頂きました。

    結果、美醜云々がどうでもよくなるほど話に引き込まれてしまいました。

    私も小林様のように豊かな言葉と物語を紡ぎたいです。

    素敵な出会いをありがとうございました。

    加川アサギ   2012/07/03 21:24

  • 美人って、そもそもが人外の者だと思っていました。

    はじめまして。物の怪やあやかしは人生に一度だけでいいと思う、しかし、まだ望む物の怪には一度も出会ったことのない小林と申します。

    で、さてさて作品を読ませていただきましたが、纏足とはまたセクハラなものを選びましたね。その潔さが素敵であります。
    私もタブーにチャレンジせねばと、そうインスパイアされた作品でありました。
    ありがとうございます。また来ますね。

    小林洋右   2012/07/02 22:22

  • 中咲ホコロ様

    ご感想ありがとうございます!

    ふふふ、考えて頂けましたか。

    単なる『変な女の話』で終わらせずに読んで下さって嬉しいです。


    あえて「纏足」をチョイスしたのは
    「これが綺麗だって言ってたじゃない」
    という当て付けですが、

    では、これは単なる時代錯誤なのか。

    『普通』のあいまいさや、『美』に対する男女の認識の違いを感じ取っていただけたのなら幸いです。

    ……小難しい話になってしまいすみません……。

    お読み下さり、ありがとうございました!

    加川アサギ   2012/06/16 11:33

>>全て見る