「恋人の余韻」嵐 万凛子/著  感想ノート

ファン登録して下さった皆様へ、昨年のクリスマスプレゼントに書いたものです。あなたにも気に入って頂けたら幸いです。

  • はじめて読まさせていただきました。

    クリスマスに小籠包、自分は経験あります。

    横浜に5年半いたときですが。

    でも、実際に夏目くんみたいな彼氏さんやったら、別れるのはもったいないようにも思うんやけど、でも何か気に入らんのやろなーって思いながら読んでました。

    乙女心って、複雑なんやなぁ…

    すばらしい作品、ありがとうございました。


    英 蝶 眠   2017/01/20 23:19


  • 永以真子 様

    感想、そしてレビューありがとうございます。永以さんのお名前、よく拝見していました。私が素敵作品にレビューすると、そこには、永以さんのレビューも置かれていて、同じ感性の方だ、と。

    一人称が苦手な私ですが、初めて、すらりと書けたのが、今作でした。

    いま、端末が速度制限されていて(月初めなのに笑)、書くのも読むのも暫くお預けかぁ、とブツクサ作家メニュー覗いたら、永以さんからのレビューと感想!

    重い端末のストレスが飛びました。
    ありがとうございました。
    永以さんも、恋愛小説大賞の最終選考に進んだんですね。永以さん受賞したりして!楽しみが増えました。




    嵐 万凛子   2013/06/04 08:24

  • 嵐 万凛子さま

    素敵な作品に感動しました。
    万凛子さまの巧みな描写にぐいぐい惹かれて、台湾料理店の中にいる二人の姿を浮かべながら読み進めることができました。

    熱く語る彼女と、耳を傾けながら淡々と答える彼氏が対照的で面白く、本当は二人はお似合いなんじゃないかと。別れるのはやめた方がいいのでは? と彼女に撤回してほしいと勝手に期待もしました。

    最後の情景がまた素敵です。
    素晴らしい作品だと思います。
    ありがとうございました。

    永以真子   2013/06/03 21:22


  • メクラヤナギ 様

    レビューありがとうございます。
    高山さんや戸川れんさんはじめ、素敵な書き手さんのお宅で、よくお名前を拝見していました。
    平仮名で表記するのとは違い、カタカナだとユーモアが滲むのだなぁと感心していました、印象深い素敵なお名前ですね!

    イブに渋い店で小籠包を食べるカップル、妙ですよね。職場恋愛の二年目で合理主義な彼だと、そういうのもありかしらと設定してみました。それに、私が、飲茶大好きなんで笑。

    メクラヤナギさんの作品、三作品を本棚インしました!
    楽しみが増えました。

    嵐 万凛子   2013/05/25 08:53


  • 高山さん

    ありがとうございました。
    レビューもエッセイも嬉しかったのですが、高山さんに二度も読んで頂いたのが、特大の嬉しさでした。





    嵐 万凛子   2013/05/23 23:29

>>全て見る