大事なクライアントである彼。

細身のスーツをビシッと着こなし、
品のある優しい笑顔がトレードマーク。

そんな彼に彼女は密かに恋心を抱いていた。



『僕には君が必要なんだ』



その言葉の真意がわからないまま
休日に呼び出された彼女。

待ち合わせ場所に、
いつも通りスーツで出かけるが……?



この作品のキーワード
スーツ  イケメン  片思い  両思い  らぶらぶ  ピュア  勘違い  クライアント  優男 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。