キミが好きで、好きで


キミのことをずっと見ていた。


ただ、見ているだけで良かった。


でも…


キミと話すうちに、


キミの優しさに触れるたびに…


もっと、もっと


キミへの“好き”が溢れていく── 。




2014.5.31 完結



この作品のキーワード
放課後  一途  イケメン  片想い  恋愛  高校生  短編