「柚はいつまでたっても、妹なんだ。女としては見られない」


物心ついたときから私の隣で笑っていた彼に
そう宣告されて……

こじらせた初恋は、私から自信を奪っていく。



2016.01.09

マカロン文庫として書籍化。
(旧題 初恋をこじらせました。)
こちらは改稿前のものになります。

好評発売中

あらすじを見る
大手電機メーカーの総務部に勤める柚は、隣の家に住む幼馴染み・蓮のことが小さい頃から大好きだった。しかし、『女には見れない』と冷たくフラれてしまい、それ以来、人を信じられず、自分の気持ちを出せなくなってしまった。ある時、異動してきたエリート上司・青山が柚の心の弱さに気づき、「君を守らせてもらえないか?」と告白してくるが…。――「彼女を、奪いに来ました」突然現れた幼馴染みにいったい柚は…?

この作品を読むには佐倉伊織さんのファン作家登録が必要です。

この作品のキーワード
幼馴染み  初恋  純愛  こじらせ女子  甘々  じれじれ  オフィス  上司