★★★★★
抑え込む気持ちと近づく距離
恋愛をすることも頑張ることも諦め、干物生活を送っていた主人公。そんな彼女は、ただ毎日を干渉されないように距離を保ちながら人と関わっていた。恋する気持ちを持つことも諦め、人に興味を持つことも諦めていた彼女は、絶対に関わることがないはずの人に近づくことに。
気にしないようにしようとしながらも、ほっておくこともできず、結局距離が近づいていくこととなる彼女。その関係に違和感を持ちながらも、突っぱねることもできない。
でも、一歩踏み入れることのできない二人の近づけば引いていく関係が、とてももどかしかったです。
聖凪砂
18/12/17 09:18

>>新着レビュー一覧へ