★★★★★
佐倉さんらしいファンタジー!
佐倉さんの作品は、何冊も拝見しました。そんな佐倉さんがまさかのファンタジー!ファンタジーが好きな私は、わくわくしながら一気読みしました(笑)

訳あって庶民派お姫様のリリアーヌと、冷酷非道な王太子シャルヴェの政略結婚が決まる。「王太子様に恋をしに参りました」と宣言するリリアーヌだが、シャルヴェはあまり興味がないようで…

ただの政略結婚のお話でおしまいにならないのが、佐倉さん流!「命をかけて守るものとは」、「愛するものの為に何ができるのか」など、普段の生活の中で忘れかけている気持ちを思い出させてくれます。

リリアーヌから、シャルヴェから勇気をわけてもらえる、そんな素敵なファンタジー恋愛小説です。








たんちゃま
17/01/05 22:44

>>新着レビュー一覧へ