いつからだろうか


互いの視線がかさなるようになったのは




話したことは一度もない。
なのにふとした瞬間に合わさるその漆黒の瞳が気になって仕方がない。


高校三年の春。
そんな彼と初めて同じクラスになった。


でも彼は簡単には近付けない、高嶺の存在。


話す機会など全くなかったけれど、ある日二人の時間が動き出す。





一条院財閥の御曹司×本好きの少女







目次

この作品のキーワード
学園  溺愛  御曹司