黄昏の高台で、私は素敵な演奏家に出会った。
そして、彼は「特攻隊員」として死ぬ運命だった。


……平成を生きる少女、花奏と、自らの命を国に捧げた青年、奏汰が、音を重ねた幻。

これは、世界で一番美しくて、切ない愛の記憶。


–––––––あなたに恋をして、幸せでした。



『金木犀の季節に』






ーーーーーーー
「小説家になろう」に重複投稿しています。

この作品のキーワード
戦争  切ない  特攻隊  バイオリン  音楽  回天特攻隊