二人にとって

求め合うことを

急ぐ必要はなく

時間はかかったが

肌の温もりを共有しながら

語り合う夜が増えた

この作品のキーワード
しっとり  大人の恋  切ない  悲恋