【書籍化に伴い、7月10日より部分公開となります。ご了承ください】

原題:『王太子様に、恋という名のお薬を』



ギールランドの国王には悩みの種がある。
それは息子がなかなか結婚相手を決めてくれないことだ。

その気にさせるために舞踏会を数多く催すも、一向に進展はない。
それどころか、頻繁な舞踏会に使用人たちはぐったりだ。


「あいにくですが父上。俺にはどの家の娘も同じに見えます」

強要される見合い(舞踏会)に疲れきった王太子
ギルバート=ローガン 十九歳

×


実は魔女(?)な薬屋グリーンリーフの看板娘
エマ=バーネット 二十歳

「最近、すごく栄養剤が売れるよね。
全く、王子様も結婚相手くらい、自分で決めればいいのに」



出会うはずのないふたりが
ひょんなことから出会って恋をした。

そこから始まるドタバタラブファンタジー


「……あなたが王子様だなんて、知らないほうが良かった」




2018/01/18 更新開始
2018/03/09 完結しました

2018/04/2 番外編も完結


※『伯爵夫妻の甘い秘めごと』と舞台設定は一緒です。
時期が二十年ほど違うので、単独で読んでもらって問題ないと思います。



好評発売中

あらすじを見る
王都にある薬屋の看板娘・エマは、王城の一室で出張薬屋を開くことに。まだまだ新米薬師だけど、エマの薬と笑顔で店は大繁盛。噂を聞きつけやってきた王太子は、エマに惚れこみ、求愛開始!逞しくも、甘く精悍な彼にエマは心を奪われていくが、この恋はご法度。やるせなさから、ちょっとした出来心で強力な“媚薬”を作ってしまう。すると、王太子がうっかり飲んでしまって…!?
この作品のキーワード
ファンタジー  魔法薬  王太子  魔女  舞踏会  伯爵令嬢  ラブコメ  使い魔  ほのぼの  結婚