火が点いたら。一瞬で燃え落ちる、セルロイド。跡形もない。



『僕が抱きたい時に抱くし、睦月(むつき)が抱かれたい時に抱いてあげる』 

『他に、一緒にいたい理由はないけど』

 愁一(しゅういち)さんは、優しく微笑む。

『誰かの専属になるより、きっと楽だよ。僕といるのは』



永遠を信じない貴方と私。愛するのは。刹那。




この作品のキーワード
大人  切ない  刹那  永遠  対極の愛