初恋は、絶対に手が届かない王太子殿下

遠くから見つめるだけでせいいっぱい

近づくことも許されることはない

けれど

国王陛下の気まぐれなのか

何故か未来の王妃に選ばれてしまった

植物や薬草のことしか知らない私に

未来の王妃が務まるわけがない

いったいどうすればいいのだろう


*・.+・。*☆☆・.★・.+・。*☆☆・.+


「未来の王妃はサヤしか考えられない」

「王妃としてレオンを支え、妻として愛し続けます」

望む未来を手にするために覚悟を決めた王太子レオンと

レオンにひたすら愛され強くなっていくサヤ

その途中には、意識を失うほどの苦しみもあって……。


*・.+・。*☆☆・.★・.+・。*☆☆・.+

書籍化に伴いまして、限定公開となりました。

心苦しいのですが、書籍版もお楽しみいただければと思います。

ありがとうございました。








好評発売中

あらすじを見る
王太子レオンに幼少期から憧れてきた分家の娘サヤは、ある日突然、次期王妃に選ばれる。戸惑うサヤを前にレオンから「王妃はサヤ以外に考えられない。安心して好きになれ」と求められ、「ダンスもキスもそれ以外も。俺が全部教えてやる」と止まぬ寵愛を受ける。レオンの国王即位が決まり、王宮での王妃教育を懸命に受けるサヤだったが、王妃になる者だけが知るある運命が待ち受けていて…!?
この作品のキーワード
結婚  溺愛  寵愛  独占欲