2019/03/14 マカロン文庫にて電子書籍化
原題「隻眼王の愛のすべて」
※掲載作品は編集前のものです。ご了承ください。


ドラザーヌ王国には『黒き狼』がいる。
彼は国王。
隻眼の、黒き狼。

嵐の夜に助けたのは、改題
手負いの獣だった。

***********

ST  20180607
END 20180609
最終章一部加筆 20181223

**********

あらすじ

ノエリア・ヒルヴェラ。山奥でひっそり暮らす貴族令嬢。
貧乏だけれど、たくましく生きる。
   ×
シエル・リンドベリ 
悲しき過去を背負う隻眼の国王。

あなたを大切だと思う気持ちは誰にも負けない。
なにがあっても。

好評発売中

あらすじを見る
田舎で暮らす恋を知らない令嬢・ノエリア。ある日、傷を負った青年を助けると…なんと彼は若き国王陛下・シエルだった。“冷徹”と噂されている彼だったが、献身的に看病するノエリアを、「こんなに愛したのはきみだけだ」と宝物のように大切に甘やかしてきて…!?さらには「俺の妻になれ」――と彼から突然のプロポーズ!愛情をたっぷりと注がれて、気づいたら彼一色に染められていて…。
この作品のキーワード
貴族  国王  貧乏  薬草  陰謀  身分差  溺愛  ツンデレ