「うまいんですね、バスケ」
 先輩は目を瞬かせたあと、口角をあげて笑った。
「……人違いじゃない?」


 青柳先輩(大学二年)× 坪井さん(大学一年)

 ――昨日までとは違うキャンパスストーリーがはじまる。
 

since 2018.08.31
(2019.10.02 加筆修正しました)

あらすじ

 大学一年生の坪井さんは、見目がよく出来のいい友人と自分を比べがち。思ったように課題をあげられずに落ち込んでいたある日、青柳先輩がカフェテラスの空いた席にするりと座り込んできた。コミュ力を発揮する先輩につい坪井さんはガードを下げ、うろ覚えの目撃談、それが青柳先輩だったのではないかという話になって……。
 自信を失くした女の子が少しずつ踏み込みを深めながら気持ちを確かめてゆくお話です。

目次

この作品のキーワード
大学生  先輩  自信喪失