ラヴァンディエ帝国の地方の小貴族の娘、イリス・ルメールは不遇の第六皇子レオンと共に育ち、やがて恋人同士になる。
幸せな毎日を送っていたが、ある日突然レオンと離れ離れになってしまう。
その後、レオンの子を身ごもっていることに気付いたイリスは、ひとりで産み育てる決意をする。

それから四年後。
故郷を離れ娘のリラを産み慎ましくも幸せに暮らしていたイリスのもとに、新皇帝となったレオンが訪ねて来た。


*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-
イリス・ルメール
17歳 →21歳
ラヴァンディエ帝国の田舎貴族ルメール男爵の娘。
金髪、碧眼。のんびりした田舎の領地でのびのび育った。社交界デビューは果たしていない。

レオン・ラヴァンディエ
19歳 →23歳
ラヴァンディエ皇帝の第六皇子。
銀髪、黒瞳。
年の離れた兄が何人もいる上に母親の身分が他の妃より低かったので幼少の頃より日の当たらない存在だった。イリスと出会い、日々の暮らしを楽しむようになる。
*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-


2019年5月21日完結公開

この作品のキーワード
恋愛  幼馴染  皇帝  子供  一途