昔から自分の感情を表に出すのが苦手で、「愛嬌がない」と何度言われてきたことか……。

可愛げがないことは、自分が一番よくわかっている。
だけど、これが私なのだと開き直って仕事に生きるばかり。


そんな時に出会った、運命の人。


「覚悟して。俺のことを好きになってもらうから」


甘え上手になりたい。
でも、どうやって甘えたらいいの?

素直になれない私は、彼にとことん甘やかされて……!?

この作品のキーワード
副社長  秘書  オフィスラブ