桜都が時雨に恋をしたとき、

時雨は美樹に恋をしていて、

時雨が知らない美樹の三年間を、

桜都は知っていた。



夢も、友情も、恋愛も、

複雑に絡み合って越えた先には、

必ず幸せが訪れると信じてた。

あらすじ

 絵画の才能を持つ篠沢桜都には、
十歳のときからずっと忘れられない
初恋の人がいた。また会える日を信じて
いたが、とうとう会えるは来なくて、、。

 もう一人の主人公、清宮時雨は、
ピアノの天才。幼い頃からピアニストになる
ための英才教育を受けていたが、時雨には
ピアノを捨ててまでなりたい夢があった。
初恋の人を救うために。

 二人の主人公の切ない恋心の行方は
巡り巡って、、。

この作品のキーワード
初恋  切ない  すれちがい  才能  ピアノ  絵画  病気    親友