「宮岡さん、好き」


君の告白は何よりも軽かった。



学年一のイケメン
朝比奈 岬くん



気だるげでゆるい雰囲気の彼は
いつだって適当でマイペース。




「早く俺のこと好きになって。
もっと油断しててよ」



だけど私をときめかすには十分で。




「宮岡さんを守るのが俺の仕事でしょ」



適当なくせに君は
抜かりない、私のヒーロー。



憧れだった朝比奈くんに
どんどん溺れてく。








キミにかまう理由なんて

そんなの言う必要ないと思ってた



「これ罰ゲームなんだけど
俺と付き合ってくれない?」



俺がこんなに慈悲深い理由はね。


……ないしょ。








君の心 奪いたくて。




【僕を壊したのは君だから】

2020.4.6→




可愛い表紙絵は、ふうわさんより♡

この作品のキーワード
両片思い  気だるげ男子  溺愛  独占欲  甘々  つかめない