「ウミちゃんといっしょがいい!」


可愛“かった”


そう。


幼なじみが、可愛かったのは、


もうずっとずっと過去の話。


「夜道に女の子ひとりは危険でしょ」


疎遠になっていた幼なじみと、


まさか数年ぶりに話すことになるなんて。


「羨ましかった?キスしてるの」


だけど、可愛かったあの頃とはだいぶ、


見た目も人格も変わってしまったわけで。


「……海風もしてみる?」


今の彼に名前なんて呼ばれたくなくて。


「だいっきらい!」


そう突き放したせいで──────。


゜+.――゜+.――゜+.――゜+.――゜+.――゜゜+.

芳川 海風(ヨシカワ ウミカ)

×

有馬 遥琉(アリマ ミチル)

――゜+.――゜+.――゜+.――゜+.――゜゜+.――


「ちゃんと責任取ってよ」


「今日から、海風のものは俺のもの」


突然いいがかりをつけられて


ふたたび関わることになって


もう、とっくに忘れてたはずなのに。


「答えないともっとすごいキスするけど」


どんな夜道よりも


キミがいちばん


危険だ──────。


この作品のキーワード
幼なじみ  すれ違い  恋愛  こじらせ男子  胸キュン  溺愛