───いつからか、愛は歪んでいた。


「お前を愛してやれんのは俺だけだろ?」

その歪んだ愛は、私を捕らえて離さない。







「だって約束、したもんね?」

──貴方があまりに綺麗に笑うから。




「……これで、最後にするね。」


貴方を愛した事だけは、後悔しなかった。










この作品のキーワード
暴走族  総長  喧嘩  不良  最強  DV  狂愛  溺愛  寵愛  過去