王立学園の中庭で、婚約者である王太子が女子生徒と親しくしている場面を目撃したイザベル・アルザス公爵令嬢。
クラスメイトによれば、婚約者と女子生徒の関係は市井の若い女性たちの間で流行している小説とよく似ているらしく、イザベルはその小説を読むことにした。

「なるほど、わたくしは悪役令嬢という役になるのね」

婚約者と女子生徒の関係が小説の内容通りに進むのならば、イザベルは嫉妬に駆られた悪役令嬢の役だ。
しかし、前世の記憶を持ち婚約者に恋慕など抱いていないイザベルにとって、嫌がらせはしていないのに悪役にされるのは迷惑でしかない。
悪役令嬢だと断罪される前に、こちらから婚約を解消してできないかイザベルは考えを巡らす……前に婚約者をフルボッコにして新しい扉を開かせてしまう。


✱変態注意。短編ですが、性癖開花編以外に続編もあるかも。
✱表紙イラストは洋菓子さん(@wagashimosuki)


あらすじ

王立学園に通うイザベル・アルザス公爵令嬢は、ある日、平民の女子生徒と親しくする婚約者を見かける。
友人達の話によれば、女子生徒と婚約者の状況は流行りの小説と酷似しているという。
小説の役割では、イザベルの役目は悪役令嬢。

悪役令嬢扱いされ断罪されるのなら、婚約解消出来ないか考えを巡らす……前に婚約者をフルボッコにしたら、彼のヤバイ性癖を開花させてしまう。

この作品のキーワード
婚約破棄  悪役令嬢  王太子  変態  性癖開花  乙女ゲーム?