5歳のときからずっと一緒にいる幼なじみ。



その彼は、いつの間にか組に入って
いつの間にか若頭に昇格


今では立派なヤクザです。



それでも、変わらない笑顔。
変わらない性格。



「お嬢はバカなうえにちょろいんで、
恋はまだ早いですよ」



過保護で



「お嬢は俺なしじゃ生きていけないダメ人間ですね」



わたしをバカにするところも変わらないし
きみのことはぜんぶ知っていると思ったのに……。



「あんまり隙があると俺がお嬢を食いますよ」



きみは時々、わたしが知らない顔をする。





*鷹樹組 若頭
小鳥遊 碧(たかなし あおい)

×

*鷹樹組 3代目組長の娘
鷹樹 茉白(たかぎ ましろ)





知らないところがひとつもないくらい、
きみのぜんぶをおしえてよ。

この作品のキーワード
お嬢  若頭  ボディガード  不良  溺愛  胸キュン  幼なじみ  同居  独占欲  甘々