「俺、今やばい。舞花がめちゃくちゃに可愛く見える」


「……え?」


「舞花って、こんなに可愛かったっけ?」



そう言って、貴方は私を抱いた。






でも、貴方が好きなのは、私じゃないでしょう?


私に、あの子を重ねていただけなんでしょう?



涙を隠して、貴方の前から姿を消した。







あれから三年。


東京に戻ってきた私には、
小さな宝物ができていた───




*・゜゚・*:.。..。.:*・・*:.。. .。.:*・゜゚・*


大手化粧品メーカー:TOKIWA
副社長付第一秘書

津田島 舞花
Tsudashima Maika


×


大手総合商社: 佐久間商事
専務取締役

鷲尾 隼也
Washio Shunya


*・゜゚・*:.。..。.:*・・*:.。. .。.:*・゜゚・*





隼也には、他に好きな子がいるはずなのに。



「本当に、あの舞花なんだよな?俺の知ってる舞花なんだよな?夢じゃないよな?」






あの一夜のことは、覚えていないはずだったのに。



「舞花。……俺、三年前の金曜日のこと。ちゃんと覚えてるんだ」





どうして。




「あの時の子どもなんだろ?」


「舞花の口から本当のことを聞きたい」


「舞花、好きだ。大好きだ」


「舞花、結婚しよう」




これは夢ですか──?



【幼馴染×シークレットベビー】



*2022.02.23公開*
*2022.02.25完結*



※29ページ、内容が一部抜けておりましたので追加しております。
話が繋がらずにご迷惑をおかけしました。
(2022.02.28修正済み)



この作品のキーワード
幼馴染  シークレットベビー  御曹司  同い年  切ない  ハピエン  溺愛  子ども  イケメン  甘々